土から始まる WORK&EAT 大豆 2日目報告です。

Food workshop Gallery 2022 Ⅲ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。
7/24 
せっせと土寄せ、除草、摘芯作業。
蒸し暑い日でした~。
ご苦労様でした!
西瓜がうまい!
20220725_131101.jpg
20220725_151909.jpg
20220724_215828.jpg
20220724_220758.jpg
20220725_152019.jpg
20220724_220128.jpg

紙屋の四季仕事報告

参加者のみなさまへ
遅くなりましたが、小此木さんより頂いていた報告です。
「梅雨に入る前に急いで紙を干しました。
月のうさぎの楮から3種類の紙が出来ました。」
※ 月のうさぎの庭に自生している楮は、姫楮という種類です。
  現在流通している楮は、栽培の用に手を加えられています。
  紙にしてみると、光沢、張り、艶、色、臭いも違います。
  育ちも遅く、月のうさぎでは2年に1度の刈り取りになります
  8月には皆さんにお見せできます。
  実際に触ってみていただけるよう、準備しておきます。
  みなさんが漉いた紙、すごーーっくきれいですよ。
  お楽しみに!

DSC_0465.JPG
DSC_0473.JPG

Food work shop Gallery 2022Ⅰ 紙屋の四季仕事2回目準備中。

参加者のみなさまへ
早いですね。
もうすぐ、2回目のWorkshopです。
月のうさぎでは、少しづつ準備が始まっています。
今年は非常に寒かったし、乾燥していたので
楮は、こんなにしっかり乾きました。
甘皮の色合いが、
裁培物より、
緑に透明感があって
鮮やかです。
3月14日、お待ちしています。
ビニール風呂敷、お飲み物、お弁当、お持ちくださいね。
IMG_0681.JPG

Food work shop Gallery 2022Ⅰ 紙屋の四季仕事(結び変えしました)

17日にかずかしきが終わり
小屋のテラスに干してあったかずが
寒風にさらされて
カリカリに乾きました。
24日(月)小此木さんが
結び替えをしてくれました。
完全に乾いたら、3月のかずひきまで、かずは保存します。
。。。。。。。。。。。。。
紙は木から
季節とともに
人の手によって
紙になっていきます。
。。。。。。。。。。。。。
DSC_0411.JPG
1月25日
講師の小此木さんから連絡です。
「今日、紐付きのままですが、かずの重さを量ってみました。
1.6キロもありました。皆さんの腕次第ですが、31㎝×42㎝の紙が100枚漉けるかもです! 」
ということです。
さーーて、暮らしの中へ和紙を!
楽しみですね。