2021.2.14.sun たべものや月のうさぎFoodWorkshopGalleryのはじまりはじまり。。

 IMG_6960 (2).JPG
FoodWorkshopGalleryは、身近な食材を使って、豊かな日常を作っていきたいと、はじめます。そして、自然の中、みんなで作って、みんなで食べる大きなテーブルです。
お申込み、お待ちしております。

会場  たべものや月のうさぎ FoodWorkshopGallery ne
日程   2021.2.14 pm1;00-3:00
会費  3500円(講師代、材料費、お茶とお茶請け含む)
お席数 10名(要申し込み)
受付開始1月23日(土)午後3時から
受け付け先 0493-74-5303とFacebookで受け付けています。
お名前、連絡先をお伝えください。
後日、こちらから申し込み受付の連絡をさせていただきます。    
講師  小鹿野町みずむら豆腐さん
「濃いおとうふを作れたり 作れなかったり(笑)、日々奮闘中です。」
◎持ち物は、お味噌を持ち帰る容器(出来上がりが1.5キロくらいだそうです。2キロ入る容器を
ご用意ください。)とエプロン、三角巾。
★ご協力お願いします!
・マスクの着用。入室前に手指の消毒または手洗いを。
 ・お味噌つくりは、室内を温められないのと戸外での作業もあります。
体調に無理のないよう、参加申し込みをお願いいたします。
お問い合わせ・お申込み: たべものや月のうさぎ ℡:0493-74-5303 

FoodWorkshopGalleryの改修工事が終了しました。

一昨日、FoodWorkshopGalleryの改修工事が終了しました。
元お風呂場を、小さい部屋と台所に作り変えました。
まだ稼働はできませんが、もうすごーーく楽しみです。
コロナ禍、何ができるか、
どう楽しみを作り出せるか、
豊かな暮らしを創造する場として、
2月半ばから動き始めます。
よろしくお願いいたします。
IMG_1580.JPG
IMG_5410.JPG
IMG_6739.JPG
IMG_6742.JPG
IMG_6932.JPG
IMG_6933.JPG
IMG_6826.JPG
IMG_6935.JPG

月の庭から(日々の描きとめ)

豊かだと感じること
。。。。。。。。。
一抱えもあるこぶ高菜
一抱えあった水菜
抱えきれなかった大きな大きな白菜
       *
子どもの私は、白菜を両手で抱えて、
その白菜に、顔を突っ込んで
ぐっと小鼻を膨らませて
甘い甘い白菜の香りを胸いっぱい吸い込んだ。
そして前なんか見えないけど、
市場から家までの道を、駆けて帰った。
       *
季節になると、八百屋の店先に
大きな大きな水菜が山のように積まれる。
家では、たいがい漬物にした。
煮物にも。油揚げと人参と一緒に。
よく食べたなぁ。ご飯と一緒に、おいしいおかず。
最近見ないな、大きな水菜。
今年は、畑に大きい水菜の種をまくのだ。
       *
今年、近くのスーパーで見つけたこぶ高菜。
棚で見つけては買う。
そのうち農家さんに直で分けていただくことに。
届けられたそれは、一抱えもあるこぶ高菜。
重みも十分。見た途端、すっごくうれしい!
まずは、塩漬けに。
食べごろは、夏前だそう。
待ちきれないかも。
青々とシャキシャキと、
こぶ高菜の塩漬けは、ご飯にきっと最高!
135493613_2472690853032845_2338243840097645877_n.jpg

正月料理のえびしのこと。

正月料理のえびしのこと。
正月料理は1月18日(月)までです。
。。。。。。。。。
えびしは、奥秩父の光と風と時間が生み出した伝統料理です。
。。。。。。。。。
初めてえびしに会ったのは、
平成5年発行の「ふるさとの味を訪ねて」という本の中。
絵と説明にすごく惹かれて
いつか食べてみたいもんだと
食欲と好奇心を膨らませて、いく年か。
そして、秩父でたべものやをはじめ、
「えびし、えびし」と何度も唱えてたら、
お客さんが「作ってる人紹介できるよ」と。
そして小鹿野町馬上の集落へ。
(写真は、その時のもの)
えびしは
その昔、戦国時代の保存食だったといわれ、
飢饉の時の代用食にもなり、
そしてお祝いの口どりとして
今はお茶請けとして
奥秩父の集落で
それぞれの家庭の味として作り続けられています。
「その地に伝わる保存食」
それだけでウルウル感激してしまう私。

月の畑から(日々の描きとめ) 月のうさぎのごはんは宛名のない手紙です。

月の畑から(日々の描きとめ)
月のうさぎのごはんは宛名のない手紙です。
月のうさぎのごはんは、
シンプルな調理法と
素材の持つ個性、
硬さ甘み、香りを大切にして作っています。
そして、
できるだけこの地で採れたもの、
育てられたものを素材にしています。
私たちの体を構成するものだから
鮮度は大切なこと。
そして、
季節とともに育ったものを食することも。
季節の廻りとともに生きてきた私たち「ひと」にとって、
無理なく体に沿うものだから。
太陽と土と水とから生まれたものを余すことなく
食べたいものです。
今の時代に「暮らしを小さく」していくことで
見えくる未来について、月のうさぎは食事という形で
あて名はありませんが、お手紙を出し続けています。
月のうさぎのごはんが「おいしい」と思う方には
きっと季節の摂理が、体の中に廻っている
ということだと思っています。
IMG_4762.JPG
IMG_4841.JPG
IMG_4842.JPG
IMG_4920.JPG
IMG_4848.JPG
IMG_4849.JPG
IMG_4973.JPG
IMG_4850.JPG