立ち止まる手がかりを求めて 二題 終了いたしました。

「μ sv/h] 保坂彩樹写真展終了たしました。
たくさんの人たちに観て頂きました。
特に、1月11日の最終日は、遠くからのお客さまで賑わいました。
観に来ていただいたお客様、寒い中、本当にありがとうございました。


保坂さんの写真は、刺激的、悲劇的ではなく、
福島のありふれた日常を写しとってます。
公園や学校、商店街・・・いつも私達が居るところに、放射能は降ってきました。
それがすごくわかる写真です。
刺激的な場面でないからこそ、
ながく、わたしたちの所に放射能はあることを教えられますし、
何を失ったかも知ることができます。
月のうさぎでの展示は終了いたしましたが、
2015年2月13日(金)から3月24日(火)まで、
PNBで、2014年に撮影した「μ sv/h]保坂彩樹の写真展が始まります。
ぜひお出かけください。