2014.12.12(金)~2015.1.11(日)立ち止まる手がかりを求めて 二題

img119.jpg

〔一題〕 保坂彩樹写真展 「μsv/h」 
      見えないものが見えないものを壊していく景色
      見えないものの先に見えるものはなに?
      2014年12月12日(金)~2015年1月11日(日)
            OPEN 12:00~16:00

〔二題〕 映画上映「チェルノブイリ・28年めの子どもたち」と
         学習会(景浦峡さんと一緒に)
      2014年12月13日(土)   18:00~20:00
      参加費:1,000円 (ス-プとおにぎり付)
      事前申し込み: 20名


      会場:GALLERY ne(たべものや月のうさぎ2階)
      お問合わせ・お申し込み/たべものや月のうさぎ 0494-22-2171
 

景浦峡     1964年北海道生まれ。1986年東京大学教育学部卒業。
        学術情報センター助手。国立情報学研究所助教授を経て、
        現在東京大学大学院教育学研究科教授。
        専門は言語とメディア。
        著書に、「子どもと話す 言葉ってなに」(現代企画室)
            「信頼の条件 原発事故をめぐることば」(岩波書店)など。

「チェルノブイリ・28年めの子どもたち」(約40分)
       OurPlanetTVではチェルノブイリ事故後28年経つウクライナへ足を運び
       子どもたちの健康状態や学校生活などを取材した。
       汚染地域の子どもたちや、住民の羅漢率が今も上昇する中、
       医師、教師たちの懸命な努力が続けられている。
       日本はここから何を学べるか。
       子どもを取り巻く学校や教育関係者、医療従事者、
       保護者たちの取り組みや思いを取材した。