山の秋を召し上がっていただきます。

山で採れる実のものは
今年は日照も悪く、雨も多くて、
成り年のわりに実付きがあまりよくないです。
でも、16日は久しぶりのちょっと晴れ。
毎年の季節のたのしみは、やめられません。
うきうき、山に入りました。
その中から、山の恵みをいくつか紹介いたします。
あけびは味噌詰めの焼きものに。
やまぼうしとサルナシは、スカッシュ。
冬瓜は煮物。(家の畑で採れました)
塩水漬けのマタタビは、来年の春にはピュレに。
むかごはご飯に入れます。
021-8.JPG
015-08.JPG
019-08.JPG
008-08.JPG

冬の仕事、自家製味噌を作りました。

005-1.JPG
去年は味噌作りの時期に、
大雪に見舞われ、雪かきに追われて、
味噌を作ることが出来ませんでした。
今年は、28日の深夜、大鍋で大豆を煮て、ミンサーで挽いて、
30キロは出来たと思います。
月のうさぎで使うようになるのは、3年以上先。
暑い夏を三度越えて、旨みが増し、
味がこなれ、濃い茶色になったら、
調味料として、お目見えです。
味噌作りは、東京国立にあった「あひるの家」という無農薬八百屋で
教えて頂きました。
以来、同じ作り方で、40年はなります。
3年後を楽しみにお待ちください。笑。