月の庭から(日々の描き止め) じゃが芋を植えました。

ogawaたべものや月のうさぎ
月の庭から(日々の描き止め)
じゃが芋を植えました。
畑班の班長に教えてもらいながら
台所班も一緒に、じゃがいもを植えました。
雪が舞うほどの寒さですが、
畑の向こうには、白と桃色のスモモの花が満開。
さすが畑班班長は、土寄せも畝づくりも、
力が抜けていて、静かで、きれいな動き。
さすがです。
わたしも!と真似てみましたが、ぎこちなくて、
むつかしい。
明日は中津芋を植えます。
IMG_5267.JPG
IMG_5262.JPG
IMG_5264.JPG
IMG_5266.JPG
IMG_5268.JPG
IMG_5269.JPG

月の庭から(日々の描きとめ)

ogawaたべものや月のうさぎ
月の庭から(日々の描きとめ)

今日は、スタッフが入れ替わりで
みんな、お店に立ち寄ってくれた。
「どうかなぁ」って気になるのか
お天気がいいからなのか、
そのたびにスタッフ同士、おしゃべりが弾む。
春の光のよう。

「コロナ」の影響かどうか分からないけど、
お客さんが少ない今日。
スタッフの訪問で、にぎやかで、
それはそれで、うれしい。

今日も、お店の庭で蕗まんぶくをいっぱい、採った。
採りたてを、
月のうさぎの食卓に出せるのは、至福だ。
スタッフとも分けて、
そういう事も至福の地と
うれしい。

春は同じようにいつも来ていて、
隣の畑仕事も、同じように始まって、
コツコツと、この地で生きていこうよと
言われている気がする。
生きていくよ!と返事を返したい。

そうそう、掲示板が出来ました。
最近の私の遊び場。笑。
色々置いて遊んでます。
IMG_5188.JPG
IMG_5196.JPG
IMG_5186.JPG
IMG_5194.JPG

春になりました!

暖かくなりましたね。
お店の周りの紅白の梅が、満開です。
香りが風に運ばれて、庭にいい香りを漂わせています。
睡蓮鉢のメダカも、光に誘われて泳ぎ出しました。
散歩の人たちも、冬の間足早だったのが、ゆっくり春をたのしんでいるように歩いています。
昨日は、お店の窓を開けて、営業しました。
テラス席でもお茶を飲んでいただけるようになります。
図書室でも、ゆっくりお茶を飲んでいただけます。
ワクワクの春がそこまで来ています。

IMG_5095.JPG
IMG_5111.JPG
IMG_5114.JPG
IMG_5091.JPG


畑を始めます。

ogawaたべものや月のうさぎ
月の庭から(日々のこと)
畑を始めます。
「昔はね、京菜(水菜)って、一抱えもあったんだよ。
そうね、30年くらい前までは、
季節になると、八百屋の店先に、
一抱えもある京菜が、漬物や煮物用に売ってた。
その大きさが、豊かで懐かしい。」
私のボヤキから
畑を始めることになりました。
月のうさぎの店の前の畑を
去年より広く
お借りできることになりました。
畑仕事を一緒にやってくださる方も見つかり、
今日、打ち合わせをしました。
私にとっては、かなり広いので、
やり切れるかなぁと
ちょっと、いえいえ、だいぶ不安ですが・・・
気持ちの良い若者が二人、
後押しをしてくれて、
土づくり
種の購入、
種取りのことやら
畑の配分やら
うまく話が進み、
楽しみになってきました。
月のうさぎの食事が、どこから来ているのか
誰が野菜を、どんな風に作っているのか
種のこと、
昔の野菜のこと
人とひと、人とモノが、
繋がっていくように
畑を始めます。
ogawaたべものや月のうさぎ
小川だからできる試みを
少しづつ始めています。
お客さまにも、
畑を歩いていただけるように
考えています。
一緒に里山の町、小川をたのしんでいただきたいです。
IMG_4885.JPG
広―い、畑。 下:12月10日に蒔いた小麦。芽が出て、うれしいです。
か弱そうに見えますが、霜にも冬の北風にもめげず育っていて、かわいいです。
IMG_4883.JPG